旅行計画進行中

ミホと私がそれぞれハルキとシンに連絡をし、OKが出たので本当に近々4人で遊びに行くことになりました。4人のグループチャットつくって当日の話を進めていくうちになんと旅行に行くことになりました。と言っても二日間しかないので福岡のちょっと外れにある温泉旅館です。その流れになった時にミホコから慌てて電話がかかってきて「どうしよう!温泉とか…!部屋とかどうするの…!?」と言っていたので、「もちろん、ミホコはシンと一緒でしょ!」と冗談で言うと「ムリーーーーーーー!」と叫びをあげるので、「冗談だよ!そんないきなり男女一緒の部屋なんて気、ハルキたちも思ってないと思うよ。」となだめ「女子と男子の2部屋とるかたちだろうね〜。」と話しました。美才色兼備なミホコですがこうゆう話には弱くて、すぐテンパってしまいます。そこがミホコの可愛いところなのですが…!「うちらから急に返信来なくなると不審がられるかもだから、電話切るよー。」と言うと「うん!ごめんね。急に〜ありがとう。」と言って電話を切りました。当日のスケジュールがどんどん決まっていき、現実味が増してきました。「風俗の仕事をしている私なんかが恋愛なんて大丈夫かなぁ」と言う不安はまだ拭えませんが、とりあえずせっかくの休みだしこんな機会めったにないので、思い切り楽しもうと心に決めました。私が気になっているハルキとミホコが気になっているシンは私とミホコと同じ学科で必須科目の時などよく顔を合わせます。またゼミも一緒でよく教授と一緒にゼミの終わりには飲み会に行ったりするので、つながりが多く自然と私とミホコは気になっていました。シンはかなりのイケメンでどこか不思議なオーラがあり、頭の回転も早く優秀なので、どこかとっつき辛そうなのですが、意外と話してみると面白くて話しやすくいい人なので、ミホコにぴったりだなぁと思っています。

私が気になっているハルキですが、コミュニケーション能力が高く、すぐ誰とでも話すことができる人ですがいつもシンと二人で、本当に心を許しているのはシンだけなのかもしれません。いろいろ気がきく性格で、困っていると声をかけてくれて手伝ってくれて多々助けられてきました。そんな彼を自然と目で追うようになり意識し始めているのに気付いたのはごく最近で、ゼミ終わりにミホコが「サクラいつもハルキのこと見てる。」とニヤニヤしながら言われた時でした。その時は「ミホコだっていつもシンのこと見てるよ!」と言い返しました。
当日、少しでも綺麗な状態で迎えたい!と思った私は薬局でパックを購入し毎日つけたり、脂っこいものを控えたり、食べる量を減らしたり、野菜をたくさん取ったりなど出来る限りのことをしています。メイクもちょっと見直してみようと思い立ち、動画を見ながらいいなと思った化粧品は取り寄せてみたり、メイク方法を見直してみたりなど空き時間で研究してみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です